マネ NBS-J (ニューベーシック・アート・シリーズ)

マネはある程度まで教義主義は脇に置き、自分の芸術を好き勝手な最下層のものと同列に置くことにした。(略)マネはこう言っているかのようだ。「全てはただの見せかけ、過ぎゆく時の喜び、真夏の夜の夢にすぎない。