マネ (アート・ライブラリー)

マネは闘牛の儀礼的役割をはっきりと理解していた. それは生と死の上演, 犠牲者と抑圧者の闘いであり, その役割は突然入れかわる可能性をはらんでいる(略)多分マネには偏見など少しもないのだ。彼がかたくななのは, 結局のところ自分に自信があるからだ。