ポロック NBS-J (ニューベーシック・アート・シリーズ) 020年10月7日

パウル・クレーからの影響は、ポロックが《壁画》で迎える転換点に至るまでの発展において、大きな推進力であったと同時に、最大の障害でもあった。(中略)グラハムはポロックに、ピカソを研究するよう勧めた。これによって混乱もしたが、実りもあった。(中略)ポロックがピカソの芸術に関する本を床に投げつけ、「くそっ!あいつは何もかもやってしまった! 」とかんしゃくを起こして叫んだという記録に示されている。

※映画『コンサルタント』では二枚の絵が登場。一枚はポロックです。ポロックが影響を受けていたのがパウル・クレーとピカソ。