ボナール (新潮美術文庫 34) 2020年9月23日

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボナール (新潮美術文庫) [ ピエール・ボナール ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2020/9/23時点)


一九三四年から大戦の始まるまで、ボナールは毎夏をノルマンディー海岸のドーヴィルで過ごした。「フランスでもっとも美しく変わりやすい空がある」との画家ブーダンの言葉に従ったのだが、事実そこには、地中海以上にボナールの印象派的気質を満足させるものがあったようで、モネの教訓を生かした浴槽の裸婦の連作も、ここで生まれたのだった。

ブーダンはどのようにして男たちを口説いた(良い意味でそそのかすことができた)のだろうか私はブーダンの戦略を採用すべきだと思う。