プルーストの記憶、セザンヌの眼―脳科学を先取りした芸術家たち

ヘミングウェイがパリで報道記者をしていたとき、(※ガードルード・)スタインは彼に仕事をやめて小説を書き始めるよう勧めた。(略)ヘミングウェイは彼女の草稿を校正することで文の書き方を学んだと自慢した。ヘミングウェイの、無駄な要素を取り除いた、徹底的に短くて簡素な文は(時には文が長くて文法的ではないこともあるが)、スタインのより厳しい実験を反映

※スタインから助言を受けていたヘミングウェイが二重スパイであったことを考えると同じようにスタインから助言を受けていた岡本太郎も今でいうアパラチクであった可能性も否定できない。そう考えるとスタインを描いていたピカソも?となる。