ハーバード医学教授が教える 健康の正解

コーヒーにはクロロゲン酸やトコフェロールなどの抗酸化物質と、マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれる、これらの成分はいずれもインスリン抵抗性を改善し、グルコース代謝を促す

※だけれどカフェインはカルシウムの吸収率を少し下げる。