トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ 2020年10月17日


レプチンとは、脂肪細胞が生み出すたんぱく質(中略)脂肪組織が増えると、レプチンが増える。レプチンが脳まで達すると脂肪の蓄積をこれ以上増やさないようにするために、食欲が抑制される(中略)肥満の一因は、レプチンがたくさん分泌されることに体が慣れてしまって効果がなくなる「レプチン抵抗性」によるもの(中略)「インスリン値が高くなると、満腹信号を出すレプチンの働きが阻害されてしまう」という説

※下のモディリアーニのブログでもおわかり頂けるように、相互フィードバックが考えられます。部屋のカーテンがないからレプチン低くなり過食に。過食ゆえにインスリン値上がりレプチンの働き阻害される、というような。この場合改善アプローチは多方向になります。双方向ではなくなぜ多方向なのか?過食、暴飲の原因は人間関係のストレスが一番多く、次に経済的困窮。免疫落とす一番の原因は経済的困窮。集団ガスライティングの目的は経済的困窮狙ったものです。この手法は経済的に困窮させるために人間関係悪化させる手法。集団ガスライティングは対象者の人間関係悪くさせるものであると一般的に認識されていますが実は経済的に困窮させ殺害するという手法。逆に体力(信用と知識)あればお金借りることも可能です(可能であれば集団ガスライティングで死にません)。健康法で一番難しい技術が集団ガスライティングへの対応です。集団ガスライティングに対する予防策は経済的リテラシー高めること(これが健康法の第一)。癌や難病、病気は自問自答する自己完結の世界です。集団ガスライティング対応は対人戦で1対多数です。