デュフィ 2020年10月15日

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デュフィ (新潮美術文庫) [ ラウル・デュフィ ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/10/15時点)


デュフィは、ある日「学校にはなにものも期待しえない」ことを悟った。彼は教室を出て、街の画廊に印象派やセザンヌの絵を探し求めた。(中略)そのまま印象派風の仕事を続けていれば、安楽な道も開けただろうが、なにものかが彼をマティスへと駆り立てた。(中略)後年、ディフィは語っている。 「私は転々と放浪し、私自身で実験することによって、自分の絵の重要な部分を発見した。そのため非難されたこともあろうが、しかし、私はつねに線を引き、一定の様式を開拓することを学んだり、分析したりするのを好んできた」。たしかに彼は、アカデミックな習作に始まり、印象派、フォーヴィスム、立体派、そしてことによるとドイツ絵画への接近も含めて、転々と歩んできたが、その大事な部分だけを吸収しながら、結局、いかなるエコールにも属さなかったし、いかなる体系をも信奉しなかった。

心(対応力)の修行者としての道をディフィは選択したのだと思います。心の病気は心(対応力)の修行をしていない人に起こる病気です。精神は心の土台。精神を司るのは脳のグリア細胞(再生しない細胞)。心の病気は2種類。①放射性物質、抗がん剤、コロナウイルスにBBB(血液脳関門)突破されグリア細胞破壊されたケース。②精神を司る細胞は健全でも心(対応力)の修行をしていない場合。心の病気は①か②です。①と②の両方という③の人もあります。要するに心の健全化のためには①を回避する知識。②の心(対応力)の修行が必要。心守るためには放射性物質、抗がん剤、コロナウイルスにBBB(血液脳関門)の回避が不可欠。抗がん剤回避するには癌の予防からです。対応力低い人は他人からの誹謗中傷で脳幹傷つき記憶障害、ホルモン分泌障害などは起こります。ですがこのケースは時間かけて回復可能(自殺者も多いですが)。