ダリ全画集 2020年10月8日

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダリ全画集 [ サルバドール・ダリ ]
価格:8690円(税込、送料無料) (2020/10/8時点)


ダリはラモン・ピチョートの絵を見て画家になる決心をした。(中略)食堂にはクリスタルガラスでできたデカンタの栓があり、それを通して見ると、何もかも『印象派風』 に見えた。 私はよくこの栓をポケットに忍ばせ、周囲をクリスタルガラスを通して『印象派風』に観察したものだ」。(中略)「私をピカソに紹介してくれたのは、グラナダのキュビスムの画家マヌエル・アンヘロ・オルティスだった(中略)ピカソの家に入ったとき、私はまるで法王に謁見するかのように、深い感動と尊敬の念に満たされた。(中略)そこでピカソは自分が描いた絵をたっぷり2時間かけて、私に見せてくれた。(中略)ピカソは私に生気と知性に溢れる眼差しを向けるので、私の身体は震えた。

※ピカソはこのときのことを覚えておらず、ピカソはダリに会ったことはないと。この辺りの部分もこれから発売される未邦訳本(私は読めません)の邦訳版で登場するかもしれません。ダリとピカソに共通する部分は子供の頃には模写、模倣が既にうまかったので模倣時代を最速で終わらせることができたということです。二人は模倣の天才。要は親の教育が良かった。