ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る

実は脳は加齢に伴いストレスに弱くなる(中略)アロスタシスが体を保護する機能を果たしているときは、ストレスの反応として睡眠が訪れる。睡眠が十分とれないのはアロスタティック負荷の徴候である。 心身症、またはストレスと関連するとされる線維筋痛症(慢性的な痛みを伴う炎症)(中略)人とうまくつきあえば、非常に効果的なストレス対処法となるはずだ。

※一番稼げるビジネススキルは企業グループによる人間関係の破壊(集団ガスライティング=グーグルバン、ヤフーバン、シャドウバンなど)です。