シカゴ美術館印象派展 (1985年)

後期になって決定的な成功を成し遂げた後も, セザンヌは好んで自分を「セザンヌ, ピサロの生徒」として位置づけた。