ゴッホの宇宙

(※ゴッホの弟テオの勤め先の)社長のブッソ氏は、現代作家のわけのわからぬ作品をかかえこんだために会社は信用を失った、とこぼしたが、テオ(※ゴッホの弟)が時代を見分ける確かな目をもっていたことをまもなく知ることになる。