カビのはなし: ミクロな隣人のサイエンス

アフラトキシンは肝臓がんを誘発(略)光触媒としての酸化チタンは殺滅作用にすぐれるだけでなく付着した汚れの分解作用も(略)発酵βグルカンは、免疫細胞の1種であるマクロファージを刺激、活性化して、サイトカイン(免疫細胞を活性化する整理活性タンパク質)の産生を促進

※光触媒空気清浄機と酸素クラスターの二本立てがコロナ対策です。