エドヴァルト・ムンク―「自作を語る画文集」生のフリーズ

当時ゴッホやロートレックの作品に接して、ようやく自分の道を確信しはじめていたムンク(略)ゴッホと同じようにもっとも純粋に時代の傷跡 (スティグマ)を負いつづけて生き、生涯独身であった