もっと知りたいパウル・クレー 生涯と作品 2020年10月7日


不運にもドイツを追われ、難病に冒されたクレーは、それまでとは異なる心情で創作に向かっていった。(中略)ドイツを離れる直前、クレーはパリにピカソの画商カーンワイラーを訪ねた。(中略)その際クレーは、ピカソのアトリエを訪ねている。(中略)クレーは玄人はだしのヴァイオリニストだった。

※おそらく現在未邦訳で今後発売が予定されているピカソ伝シリーズ(分厚いシリーズ4部作か5部作)でこのあたりのピカソ側の話が出てくると思います。楽しみ。