もっと知りたいセザンヌ 生涯と作品

セザンヌは生涯、ピサロへの敬意を失わなかった。