ぼくは物覚えが悪い:健忘症患者H・Mの生涯

一五九六年、イタリアのイエズス会司祭で、中国で研究生活を送った学者のマテオ・リッチは、『記憶術』と題する短い本を書き、科挙に合格するために膨大な知識を身につけなければならない中国男性に記憶法を紹介(略)「記憶の宮殿」を中心に展開