はだしで大地に立つと病気が治る 体内静電気を抜くアース健康法

体内静電気とは、冬場にバチっと感じる体表静電気とは別物で、私たちの体内に溜まっている静電気のことです体内で増えると、細胞を傷つける(略)自然に体内静電気が抜けていくのが理想(略)若い人ならサーフィンなどもいい(略)有効なのは浜辺を歩くことです。塩水を含んだ砂浜は、普通の土よりもさらに電気を通しやすい(略)その際、言うまでもありませんが、ビーチサンダルなどを履いてはいけません。ゴムは完全な絶縁体

※ちなみに傷つけられる細胞にはコロナウイルスの抗体作る免疫細胞、癌やコロナと戦う主力部隊の免疫T細胞、リンパ球までが含まれる。