なぜ科学はストーリーを必要としているのか──ハリウッドに学んだ伝える技術

科学は、FBI捜査官のクラリス・スターリングの姿をしている。彼女は、もっとも警備の厳重な独房が並んでいる、長く暗い地下の廊下を、ゆっくりと、恐れを抱きながら歩いていかなければならない。遠くにいるのは、ハンニバル・レクター博士(略)クラリスはレクター博士を嫌悪しているかもしれないが、本当は、彼の助けを求めている。偏見を捨てなければならない時が来たのだ──今や、彼女の抱えている問題は、解決策を誰に出してもらうかを心配するよりも、はるかに重要なのだ。これが、僕が四〇年にわたる旅路の終わりにたどり着いた結論だ(略)今こそ、ハンニバル・レクターに話しかける時なのだ。あるいは、レクター博士でなければ、少なくともエリック・カートマンに。

※ゴーギャンとピカソの憧れはバッフォロー・ビルなわけです。