なぜ意志の力はあてにならないのか―自己コントロールの文化史

自分を自分自身の意図という帆柱に縛りつけるために全力をあげること、そこにしか希望はない。