たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する

メンタリストのあいだでは、相手とのやりとりのなかからヒントをつかみ、隠された「秘密」を推定するという「コールド・リーディング」の手法が開発されている。そのなかでも、サブリミナルなデータから、相手の本質に迫る能力を持つ人を、仲間内で「シャット・アイ」と呼ぶ