「担雪埋井」の解消、「担雪埋井」に対する報酬があれば一番いいのですが「担雪埋井」でもいいわけです。右にもいけるし左にもいけるという意味が中庸の意味です。高橋ダンさん風にいえば相関率を探すということ。「担雪埋井」は20年、25年とトライしてそこの硬さ理解します。トライありき。徒労に終わる、徒労を続けることを担雪埋井(たんせつまいせい)といいます。徒労に終わらないことが一番ですが、この「担雪埋井」に全振りでヘッジします。努力続けることで徒労(担雪埋井)で終わらせない気概も大事ですが「担雪埋井(ワンピース・羅針盤)」自体がヘッジする方向定めます。一般的に考えますと企業の抱える従業員の脳がやられれば、当然企業価値は下がります。脳の再生しない細胞を破壊するものが抗がん剤、放射性物質、コロナウイルス。この三種は2000年以前から「担雪埋井」。