「偶然」の統計学 2020年9月25日


ルーレットの場合、テーブルにある以上のチップ(カジノ全体の資産を超えない)を獲得したプレーヤーは「胴元を破産させる(ブレイク・ザ・バンク)」を成し遂げたと言われる。ブレイク・ザ・バンクは言うまでもなくまれな出来事だ。だが、ヨークシャーのジョセフ・ジャガーが一八七五年に達成している。その陰には確率てこの法則があった。(中略)彼は助手を雇い、モンテカルロのボーザール・カジノに六台あったルーレットのホイールについて、球がどこに落ちたかのデータを集めた。それを分析(中略)モンテカルロをあとにしたが、今日の価値にして四〇〇万ドルを手に入れており、それを彼は投資に回した。(中略)一八九一年にブレイク・ザ・バンクを達成したチャールズ・ウェルズもそうだった。

※投資に回すあたりから彼らの真面目な性格が想像できます。