「ゴッホの夢」美術館: ポスト印象派の時代と日本

一八六七年は徳川幕府最後の年になるが、フランスが幕府のみならず、薩摩藩や備前藩にも声をかけたので、それぞれが (※パリ万国博覧会に)参加するという形になった。幕府は将軍慶喜の弟、14歳の徳川昭武を派遣したが、彼はパリで幕府の崩壊を知る