「おなかのカビ」が病気の原因だった

おなかのカビが多いと、酒石酸(Tartaric acid)という物質も多く作り出されます(略)体は酒石酸と林檎酸を勘違い(略)林檎酸を作り出す酵素の働き抑制(略)そうなるとクレブス回路は機能しなくなります。その結果、エネルギーが産生されなくなり、「疲れやすい、頭が働かない、筋肉が動かせない」といった症状が起こってしまう。

※クレブス回路が機能していない場合はミトコンドリアを緊急で利用する。そうすることでコロナウイルスに対する免疫細胞の攻撃力を一時的に向上させられる。一番いいのはカビ対策掃除。